メニュー

インフルエンザワクチンについて

 ご報告

当院のインフルエンザワクチンが残り少なくなってきております。

できるだけたくさんの方々に接種して頂きたいのですが、数に限りがあり大変申し訳ありません。

何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

院長  西田 司

効果について

IMG_0421インフルエンザワクチン接種にて発症予防効果はおよそ50%程度と言われています。「そんなものか・・」とお思いかもしれませんが、インフルエンザワクチンの効果は予防だけでなく肺炎や脳炎など重症化の予防にも役立ちます。

また、成人では1回のワクチン接種で抗体ができ始めるのが2週間後で1ヶ月前後にピークに達し、その後3〜6ヶ月効果が持続します。よって、ワクチンを早く打ちすぎて効果が切れてしまうこともありませんので、インフルエンザが流行し始める12月には抗体がピークに達しているように、ぜひ早めのワクチン接種を受けてください。

 お子様のインフルエンザワクチンについて

330525生後6ヶ月から13歳未満では、1シーズン2回接種します。おすすめは10月に1回接種し、1ヶ月あけて11月に2回目を接種します。これは、小さなお子様の免疫機能は未発達であり、1回の接種では十分な免疫が作れないからなのです。ぜひ、インフルエンザが流行し始める11月下旬までに2回接種し終えてください。

お子様の副反応について

ごく稀ではありますが、強い卵アレルギーのお子様は、ワクチン接種にてアレルギー反応を起こすことがあります。症状としましては、じんましん、呼吸困難、場合によってはショックになることもありますので、かかりつけの小児科の先生とご相談ください。

料金

2500円(税込)

※必ず、事前に電話予約をお願いします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME