メニュー

肺炎球菌ワクチン

肺炎について
肺炎は日本人の死因の第5位となってます。また、肺炎で命を落とされる方はほとんどが高齢者なんですね。実際に、肺炎で亡くなられる方のほとんど(95%以上)を65歳以上の方々で占めています。その「高齢者の命を奪う病気である肺炎」にはいくつかの原因となる細菌が確認されています。その中で一番多いのが「肺炎球菌」なんです。この現実を踏まえ、予防接種制度が見直され、平成26年10月より肺炎球菌感染症に対する予防ワクチンの定期接種が導入されました。この制度により、一部公費負担でワクチン接種を利用できる方もおられると思いますので、簡単ではありますが下記にまとめさせていただきました。参考にしていただき、できる限り肺炎で苦しむことのないよう、ぜひワクチン接種を受けるようお願いいたします。
 
京都市から接種費用の一部が公費で賄われる方
次の1)および2)のいずれかに該当する京都市民の方
1)65歳以上の高齢者でその年度(4月2日〜翌年4月1日まで)に65歳 70歳 75歳 80歳 85歳 90歳 95歳 100歳になられる方。
2)60歳から65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器などの機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害を有する方。
 
接種期間
・2019年4月1日から2020年3月31まで
 
持ち物
⭐️必ず、事前に電話予約をお願いいたします。
・予診票(京都市保健所から送られてきます)
・健康保険証
 
料金
・公費負担の対象である方
 →自己負担金(4000円)
 *健康保険証により自己負担額が変わることがございますので、お気軽にスタッフまでお尋ねください。
・公費負担の対象でない方
 →自己負担金(5500円)
 
         1181969
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME